SMO南小国

自然・風景・景色  温泉  アウトドア  

阿蘇・久住の絶景を独り占め。キャンプ初心者でも安心!温泉も24時間利用可能でリピーター続出!大人気のキャンプ場「蔵迫温泉さくら」のご紹介。

こんにちは!巨大などんぐりを見つけニヤけ顔のかじちゃんです!

突然ですが、まずはこちらをご覧ください。(40分程あります!!)

ヒロシです」でお馴染み、お笑い芸人ヒロシさんが阿蘇の魅力や大自然の素晴らしさを全国のみならず全世界に発信し、阿蘇の復興のお手伝いをしたい。ということで、ネッツトヨタ熊本のバックアップにより阿蘇にあるキャンプ場をヒロシさんが訪れソロキャンプをする「ヒロシキャンプ×ASO」という企画。

その中でも、ヒロシさんが「一年中気持ちいい。ソロキャンプ・ファミリーキャンプのどちらにも向いているキャンプ場」と絶賛されているのが今回ご紹介する「蔵迫温泉さくら」。

年間8000人もの方が訪れ、そのほとんどがリピーター。一度行ったら必ずまた行きたくなっちゃう、そんな魅力あふれる蔵迫温泉さくらのイロイロをご紹介します\(^^)/!!

■蔵迫温泉さくらへの道のり

まずは県道40号線を満願寺方面へぐぐーーーっと進んで頂きます。

「満願寺入口」という茅葺き屋根が特徴的なバス停があるので、そこを道なりにまっすぐ直進!


満願寺で有名な“日本一恥ずかしい温泉”の「川湯」の横をすいすい〜っと進んで頂き


この分かれ道が見えたら左へ進んで頂き県道317号線へ入ります!


ちょっぴりくねくね道を進んでいただくと、看板が見えてくるので、そこをゆるやかに左へ!


田園風景を眺めながらこんな感じの道を進んでいくと・・・


蔵迫温泉さくら」と書いてある木の板の看板が見えてきます!

道中、道幅の狭いところが数箇所ありますので、時間に余裕を持って、安全運転でお越しください(*^^*)!

■蔵迫温泉さくらのご紹介

全体のマップはこちらです!

到着したら、まずは事務所で受付!
入り口の坂道を登っていくと、右手側に見えてきます!

オーナーの宮川さん!優しい笑顔でお出迎えしてくれます。

「あ!あれ持ってくるの忘れた!!!」なんて時も、ちょっとした消耗品は販売しているのでご安心を。

誰かが火起こしを頑張っている時、手持ち無沙汰になったなーって時は雑誌や本なんかも読めますよ!(ちゃんと手伝いましょうね!)

キャンプ場でこんな贅沢していいんでしょうか。。最初の一杯は「とりあえず生」。最高ですね!

そして意外と嬉しいのが“カード決済が可能”ということ!!!旅先ですぐにお金がおろせる状況になく、いざという時のために現金を持っておきたい時、カード決済ができると有難いですよね。

さて、手続きが終わったら早速キャンプサイトへ!!!

■蔵迫温泉さくらのキャンプサイト

こちらのキャンプサイトは阿蘇外輪山が望める①阿蘇サイト(9区画)、九重連山が望める②久住サイト(6区画)の2サイトあります!

こちらは阿蘇サイト側の入り口。

とにかく開放感抜群!!!この景色を見ながら時間が過ごせるって幸せですね。

思わず写真を撮りたくなる風景が至る所に・・・!わたしも思わずパシャり。

ベンチに腰掛けながらこの広大な自然を眺められる贅沢♡

空気が澄んでると外輪山がハッキリ見えます!タイミングが良ければ、ここで雲海が見られるんですって!

こちらは久住サイト。いかにもキャンプ場!!っていう感じがたまらないですね〜。

 

View this post on Instagram

 

とーと(トート)さん(@yuji_toot)がシェアした投稿


ちなみに、オーナーの宮川さんの一押しが“夕暮れ時の風景”。この最高の時間を、ぜひ現地で味わってください!

■蔵迫温泉さくらのコテージ

野外でキャンプもしてみたいけど、道具だったり色々買い揃えたりするのがちょっぴり大変そう・・・大人数で行きたいけど、旅館とかだと部屋が別々になっちゃうしどうしよう・・・とお困りの方に朗報です!!

蔵迫温泉さくらのコテージはお部屋の広さによって最小1名〜最大20名まで泊まれちゃうんです!!!

ここは一番大きなお部屋で定員10名(最大20名)宿泊できる「古民家風さざんか」。大人数での宿泊が可能なので、ゼミ旅行や卒業旅行などにおすすめなんだそうです!

こちらはキッチン。見ての通り、なーーーんでも揃っています。手ぶらで来ても大丈夫!

どちらからも開けられる便利な冷蔵庫、食器もたくさん置いてあります!!

「あれここ自分の家だったかな?」と勘違いするレベルで、あったら嬉しい家電がズラリ。

お手洗いも2個ありました!朝のトイレ渋滞を回避できそうですね。

こちらは定員6名(最大8名)で宿泊できる「コテージりんどう」!

2階で川の字になって寝られます!

エアコンもあるので、オールシーズン快適な温度で過ごしていただけます。

コテージ入口にはBBQ台とおしゃれなベンチ♡ここでするBBQが盛り上がらないわけがないですね。ちなみに、BBQセットのレンタルも行なっているので、本当に手ぶらでOK!!


ちなみに、コテージは全室源泉掛け流しの温泉付きなんです!!!!こちらのお部屋は岩露天風呂ですが、他のお部屋はまた別のテイストの温泉になっているので、ぜひ現地にてご確認ください!

■蔵迫温泉さくら自慢の温泉

ここが人気の理由は絶景だけじゃないんです。コテージにも全室温泉付きとお伝えしましたが、やっぱり「温泉」が最高なんです!!!こちらでは内湯から露天風呂まで完備されています!
こちらが内湯!ひろーい浴槽がたまらないですね!

シャワー付きの洗い場もあります♪

こちらは一つ目の露天風呂!女性には嬉しいお肌つるつる効果が期待できる「メタケイ酸」を多く含む泉質なので、ぜひとも入って頂きたいです♡

こちらが二つ目の露天風呂!緑に囲まれ、これぞまさに「開放感」という言葉がぴったりな温泉。

露天風呂は日替わりで女性と男性が入れ替わるので、1泊2日宿泊すればどちらのお風呂も入浴可能です♪
ここの温泉が本当に気持ち良過ぎてリピーター続出!!!ちなみに、温泉はすべて立ち寄り湯として入浴可能なんです!!!

宿泊者の方は24時間入浴可能!!立ち寄り湯の方も午前9時〜午後8時まで利用可能です!!
(※清掃中のみ入浴不可。ですが、立ち寄り湯は4つあるので、どれかは必ず入られる状態にして下さっているそうです!)

■おわりに

蔵迫温泉さくらをきりもりされているのは宮川さんご夫妻。

宮川邦勝さん・眞弓さん
好きな食べ物は邦勝さんはお魚、眞弓さんはお肉。休日はお二人で畑仕事をして、季節の野菜を作るのが楽しいんだそう。とっても仲良しで、言葉にしなくても意思の疎通ができている感じが微笑ましい&理想的なご夫婦。

お二人はもともと福岡にお住いでしたが、10数年前ここに来た時風景や温泉に魅力を感じ、ここでキャンプ場をはじめたい!と一念発起。それから南小国町のこの地で営業を開始されました。

四季折々の景色をみせてくれる草原・山岳が間近に見られるのでどの季節もおすすめらしいですが、イチオシは野焼きのある3月上旬、そして野焼き後新緑の色味が美しい5月あたりが他にはない最高に素敵な景色が見られるそうです(*^^*)

また、キャンプ場には何も遮るものがないため、星空がすっっっごく綺麗なんだとか・・・!!!外にある街灯をわざわざ消して、星空を眺めるお客様が多いそうです。ハンモックに寝そべりながら星空が見られたら、こんなに幸せなことないですね。。

年々リピーターの方が増え、賑わいをみせている蔵迫温泉さくら。一泊ではなく連泊のお客様が多いらしく、完全に虜状態♡

「キャンプ」と一口に言っても、テントを張るパターンや、コテージに泊まるパターンと色々ありますよね。
自分たちの好みに合わせて選べる、というのが一番の利点だと思います。

10月は平日にまだ若干の余裕があるみたいです!!これから紅葉のベストシーズンを迎えるので、ぜひみなさんも阿蘇の絶景と紅葉、温泉に入りに「蔵迫温泉さくら」にお越し下さい\(^^)/

【基本情報】
住所:阿蘇郡南小国町満願寺2849-1
電話番号:0967-44-1008
定休日:要確認
チェックイン 15:00~19:00 / チェックアウト ~10:00

▼▼ご予約はホームページより▼▼
https://kurasako-onsen.com

かじちゃん

かじちゃん 生まれも育ちも南小国。26歳で人生最大の体重に達した自称ぽっちゃり系女子。福岡で8年間生活したのち、南小国町に帰ってきました。好きなものはもちろん高カロリーな食べ物と焼酎。南小国町のスペシャリスト兼アイドルになれるよう日々奮闘中・・・

  • 35
  • 17

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

かじちゃん

かじちゃん 生まれも育ちも南小国。26歳で人生最大の体重に達した自称ぽっちゃり系女子。福岡で8年間生活したのち、南小国町に帰ってきました。好きなものはもちろん高カロリーな食べ物と焼酎。南小国町のスペシャリスト兼アイドルになれるよう日々奮闘中・・・

  • 35
  • 17