SMO南小国

民泊  

【完全保存版】かしこくお得に!素泊まりから食事付きまで勢ぞろい。阿蘇・南小国町の民泊施設8軒のご紹介。(予約窓口あり)

こんにちは!SMO南小国編集長のかじちゃんです!

ここ数年、よく耳にする“民泊”というワード。そもそも、民泊ってどんなものかご存知ですか?

■民泊とは?
いわゆる民泊とは、戸建住宅やマンションの部屋などを貸し出して、旅行者や出張者などに宿泊サービスを提供すること。借主(ゲスト)にとっては「安く泊まれる」、「ホテルでは味わえない現地の生活を体験できる」などといったメリットがあり、貸主(ホスト)にとっては「空き室や空き家を有効活用できる」、「世界各国の旅行者と交流できる」などのメリットがあります。(引用:政府広報オンライン)

なるほど…すごく簡単にまとめると、貸主は空いている部屋を貸せる借主は通常の旅館やホテルより割安で泊まることができる、というお互いにメリットがあるのが民泊なんですね!!

ここ南小国町でも“民泊”や、宿泊と農業体験が一緒にできる“農家民泊”をしている施設が数多くありますが、なかなかインターネット上に情報が載っておらず、魅力ある施設ばかりなのに詳細を知ることができない…ということで!!!

ワタクシかじちゃんが、南小国町の観光協会に所属している民泊施設全8箇所(2019年11月現在)をすべて取材に行ってまいりました!

また、施設の詳細のみならず、気になった施設へ民泊体験のリクエスト予約ができるページのリンクもあります!是非チェックしてみてください\(^^)/

■まんがんじ入舟

築150年以上!江戸時代からの蔵を改装し、農家民泊とお食事処を営んでいます。

お部屋のタイプは3種類。人数によってお部屋が割りあてられます。

3〜4名の場合はこちらのお部屋になります。

大広間は最大8名まで宿泊可能です。

お食事処は蔵の1階になります。こちらの民泊では食事付きのプランがお選びいただけます。

▼宿詳細・体験リクエストはこちら
【素泊まり】https://minamioguni.jp/archives/activity/177611
【一泊朝食】https://minamioguni.jp/archives/activity/177681
【一泊二食】https://minamioguni.jp/archives/activity/177711

■ゑびす華

赤馬場エリア唯一の民泊施設。南小国町の中心部に位置しているため、ドラッグストアやコンビニへのアクセス良好です。

母屋の中に宿泊するお部屋があります。天井が高く、広々としています。

最大5名まで宿泊可能です。

二間つづきで、部屋の中を仕切ることも可能です。

また、こちらではお団子作り体験なども宿泊と一緒に体験することが可能です。(別途料金発生)

▼宿詳細・体験リクエストはこちら
【素泊まり】https://minamioguni.jp/archives/activity/176371

■木もれび庵たゆたゆ

白川エリア唯一の民泊施設。最大4名まで宿泊が可能です。

国際森林認証の家にも選ばれている杉の木をつかったお家。天井が高く圧迫感がないため、とてもゆったりした空間が広がっています。

南小国のさむ〜い冬も、薪ストーブがあれば安心!

独立洗面台やお手洗いは、お部屋の目の前にあります。

広々としたバルコニーからは、山々の景色とありのままの自然を眺めることができます。


また、こちらでは野草ガイドや野草料理体験なども宿泊と一緒に体験することが可能です。(別途料金発生)

▼宿詳細・体験リクエストはこちら
【素泊まり】https://minamioguni.jp/archives/activity/177391

■ゲストハウスふるさと


小田温泉エリア唯一の民泊施設。最大4名まで宿泊可能です。


2019年に改装した施設。木のぬくもりを感じるお部屋は2名1室のご利用となります。

天井も高く、広々としています。

1階には談話室もあります。

なお、独立洗面台やお手洗いもあります。

▼宿詳細・体験リクエストはこちら
【素泊まり】https://minamioguni.jp/archives/activity/177821

>次ページ:まだまだあります!南小国の魅力溢れる民泊施設!

1 2
かじちゃん

かじちゃん 生まれも育ちも南小国。26歳で人生最大の体重に達した自称ぽっちゃり系女子。福岡で8年間生活したのち、南小国町に帰ってきました。好きなものはもちろん高カロリーな食べ物と焼酎。南小国町のスペシャリスト兼アイドルになれるよう日々奮闘中・・・

  • 81
  • 30

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

かじちゃん

かじちゃん 生まれも育ちも南小国。26歳で人生最大の体重に達した自称ぽっちゃり系女子。福岡で8年間生活したのち、南小国町に帰ってきました。好きなものはもちろん高カロリーな食べ物と焼酎。南小国町のスペシャリスト兼アイドルになれるよう日々奮闘中・・・

  • 81
  • 30