SMO南小国

食・グルメ  

2024年からの新1000円札の肖像画に!北里柴三郎博士にちなんだ1000円(刻み)メニューが小国郷で誕生!

皆様、こんにちは。小国郷からモリナガです。写真は今から約120年以上前に世界的に大流行したペスト菌を発見し、パンデミックから世界を救った北里柴三郎博士です。

少し前ですが、小国郷出身の北里柴三郎博士が、2024年からの1000円札の肖像画として採用されたことが発表されました。


これを受けて、北里柴三郎博士の生家がある小国郷は色めきだっており、いろんな取り組みが始まっています。

そんな中の一つが、北里柴三郎博士が1,000円札の肖像画にということで、1,000円札でポッキリ支払えるメニュー提供。

小国町、南小国町で28店舗の飲食店で提供がスタートしています。

提供店舗は、のぼりが目印です。

と言うわけで各店舗のメニューのご紹介です。

・・・その前に、北里柴三郎博士について、概要をご一読下さいませ。

北里柴三郎博士とは
日本が誇る世界的な細菌学者北里柴三郎は、1853年1月29日(嘉永5年12月20日)北里村(現:熊本県小国町)の庄屋北里惟信の長男として生まれました。
明治4年(1871)熊本医学校に学び、さらに東京医学校(現東京大学医学部)に進み、卒業後、内務省衛生局に勤務、国の留学生として結核菌の発見者であるドイツのローベルト・コッホに師事しました。ここで貴重な研究業績を次々に発表、なかでも破傷風菌
の純粋培養の成功(1889)と血清療法の確立(1890)は前人未到のもので、世界の医学界にその名をとどろかせました。
帰国後、福沢諭吉などの援助により、伝染病研究所を設立、わが国の近代医学に大きな足跡をとどめました。大正3年(1914)自力で北里研究所を創設、昭和6年(1931)死去するまで終生わが国の公衆衛生、医学教育、医療行政の発展に貢献しました。

>>>次ページは北里柴三郎メニューが味わえるお店・小国町編!

1 2 3
モリナガ

モリナガ 熊本生まれの熊本育ち。県内を転々としながら、今阿蘇郡の南小国町に住んでいます。好きな食べ物はキャベツとキュウリ。酔うと髪の毛を自分で切る癖があります。

  • 60
  • 14

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

お客様のご要望に沿ったおすすめの観光情報・宿(ホテル 旅館)・レストラン・居酒屋・カフェ・ショップ等をコンシェルジュスタッフが厳選してご紹介しております。

やっこめ(焼き米)
阿蘇ジオパークブランド認定商品
阿蘇ピクルス5本セット
【民泊体験】まんがんじ入舟(素泊まり)
阿蘇の絶景を独り占め!初心者でも楽しめるドローン操縦体験
モリナガ

モリナガ 熊本生まれの熊本育ち。県内を転々としながら、今阿蘇郡の南小国町に住んでいます。好きな食べ物はキャベツとキュウリ。酔うと髪の毛を自分で切る癖があります。

  • 60
  • 14