SMO南小国

インタビュー  

【挑戦する人たち】阿蘇・南小国に惚れ込むスウェーデン人・ワル マックスさんにインタビュー

こんにちは、未来づくり拠点MOGです!
2019年5月、南小国町にオープンした「未来づくり拠点MOG」。

ここは、『未来をつくる挑戦を育む場所』であると同時に、様々な地域から様々な人たちが集い、”Co”=”共に“仕事をする空間を共有するコワーキングスペースです。

そんなMOGでは、“自然体で挑戦する人たち”シリーズとして、地域で自分の叶えたいことに挑んでいる方々をご紹介します!

第1弾は、南小国町の人なら一度はどこかで見かけたことあるであろう、このお方。マックスさん!

小国郷では珍しい”ザ・欧米人”という風貌でありながら、赤いママチャリで田園の中を颯爽と走り抜ける姿や、きよらカァサ(町の物産館)で、レジに立っている姿などが多数目撃されていますが(笑)、一体、何者なのでしょう?その正体を知るべく、ご本人にお話を伺いました。


Wall Max Love(ワル マックス ラブ)
1989年生まれ。スウェーデン・ストックホルム出身。地元高校卒業後、京都の日本語学校に2年通った後、一旦帰国し、地元大学Uppsala Universityを2018年に卒業。就職のため、2018年12月より熊本県阿蘇郡南小国町へ。現在は、(株)SMO南小国でインバウンドのツアー造成や情報発信などの仕事に携わる。阿蘇の大自然をこよなく愛し、畑仕事をしたり、地元の居酒屋で楽しくお酒を飲むのが大好きな30歳のスウェーデン人。体の半分が地元産まいたけの天ぷらでできている。

■日本との出会い

― マックスさん、今日は”謎の外国人・マックスさん”の正体を教えてください!よろしくお願いいたします!

はい。よろしくお願いいたします。(完璧な発音)

― そもそも、マックスさんと”日本”との出会いはなんですか?

僕が幼い頃、長期休みには親戚の別荘がある町に遊びに行っていました。そこは、人口4,000人くらいで南小国町と同じくらいの小さい町なんですけど、小さな本屋さんがあって。

ある日、おばあちゃんが本屋に行くので一緒に連れてってもらったら、たった1種類だけ、なぜか、たまたまスウェーデン語訳されてる日本の漫画があって。

今でも、なんであんな小さな町の本屋さんにあったのか謎なんですけど。笑
幼い僕には”日本”なんて全く未知の世界で、正直、関心もなにもなかったんですけど、おばあちゃんが「買ってあげるよ」って言うから、「あ、じゃあ、ありがと」って軽い感じで買ってもらいました。

帰りの車で何気なくその本を開いてみたら、どんどん惹き込まれちゃって。
家に着く頃には1冊全部読んでしまって、おばあちゃんに「(続きが買いたいから)また本屋さんに戻って!」って頼みました。笑

― その漫画が…

ドラゴンボールです!!!

―名作キタ…!!!『ドラゴンボール』の何にそんなに惹かれたんですか?

スウェーデンはもちろん、他の国にはない日本の漫画独特の子供騙しではない”長編ストーリー”の奥深さにどんどん惹かれていきました。
「なんだ、このめっちゃ面白いストーリーは!」って、とにかくマニアックなくらいハマってしまって。

ある時、家族で海外旅行に行くことになったんですけど、ドラゴンボールのコミックを何冊も荷物に入れると重たいので、テープレコーダーで、自分がドラゴンボールを読み上げる声を録って。効果音とか、絵の様子も説明したりして。それを、飛行機の中とかビーチで日向ぼっこしてる時に、ひたすら聞いたりしていました。

― え?! 自分で読み上げるドラゴンボールを、ビーチで聞いていたんですか?!笑

はい。笑

― ドラゴンボールを五感で味わってますね!(爆笑)

■日本に来るきっかけ

― その後、どんな青年期を過ごしたんですか?

日本のアニメもいろいろ見て、僕もあんなにかっこよく日本語喋りたいなって、日本語に対する憧れがすごかったかな。

日本語が上手になるためには日本に行くしかないと思って、高校卒業後、色々バイトして一生懸命お金貯めて、京都の日本語学校に行きました。

― 2年間の語学留学、どうでしたか?

ずっと楽しかったですね。
同じ学校の複数の先輩たちに「3カ月経ったらホームシックがくるよ」って聞いてたのに、いつまで経っても全然こなくて。笑
はじめ1年の予定だったのに、せっかくならあと半年・・・あと半年・・・と、結局2年いました。

― すごく楽しい留学生活だったんですね!反面、苦労したこともありましたか?

授業だけではなかなか上達できないので、生の日本語に触れたいと思って、近くの大学の交流イベントに参加したんですけど、”本音と建前”とか”社交辞令”とかが、なかなか難しかったです。

「今度また遊びに行こうよ!」って話になったから、本当に誘うと、「え?!」って顔されたり。苦笑

― 留学経験を経て、日本で働きたいと思ったんですよね?

はい。日本にずっと住みたいと思いました。

留学生として勉強半分、遊び半分で過ごすのと、仕事で日本で住むのは全く違う経験だろうから、とにかく一度働いてみたいと思いました。
やってみないと一生後悔すると思って。
自分の人生の中の、大きな目標の一つでしたね。

>次ページ:なぜ、九州そして南小国町に・・・?

1 2 3
未来づくり拠点MOG

未来づくり拠点MOG 南小国の未来をつくる、挑戦がうまれる拠点、MOG(モグ)。 阿蘇南小国の自然いっぱいの環境で、仕事に集中、アイデア交換、起業や事業発展をめざしませんか!2019年5月31日に誕生したコワーキングスペースです!

  • 4
  • 1

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

お客様のご要望に沿ったおすすめの観光情報・宿(ホテル 旅館)・レストラン・居酒屋・カフェ・ショップ等をコンシェルジュスタッフが厳選してご紹介しております。

やっこめ(焼き米)
阿蘇の絶景を独り占め!初心者でも楽しめるドローン操縦体験
阿蘇ジオパークブランド認定商品
阿蘇ピクルス5本セット
【民泊体験】まんがんじ入舟(素泊まり)
未来づくり拠点MOG

未来づくり拠点MOG 南小国の未来をつくる、挑戦がうまれる拠点、MOG(モグ)。 阿蘇南小国の自然いっぱいの環境で、仕事に集中、アイデア交換、起業や事業発展をめざしませんか!2019年5月31日に誕生したコワーキングスペースです!

  • 4
  • 1