SMO南小国

食・グルメ  温泉  

熊本朝日放送(KAB)で放送中のくまパワ「まちの湯めぐり」にて、この冬おすすめ!南小国町の温泉・スイーツ・グルメが紹介されました!

こんにちは!広報担当になって半年経つのに未だにカメラにおどらされているかじちゃんです。

突然ですが、熊本県民の方は熊本朝日放送さんの夕方の情報番組「くまパワ」はご存知ですよね!

今回、そんな「くまパワ」にて毎週水曜日放送中!熊本県内の45市町村を巡り、各エリアごとの温泉のご紹介はもちろんのこと、グルメ情報やおすすめスポットもお伝えしている大人気コーナー「まちの湯めぐり」で、南小国町を取り上げて頂きました\(^^)/

レポーターは熊本のテレビやラジオで活躍中!このコーナーの時はオーバーオールが目印!温泉ソムリエの資格も持っている樫山結さん!

そんなスーパーキュートな樫山さんと、恐れ多いのですがわたくしかじちゃんの二人で、南小国町の魅力をお伝えさせて頂いております!

あちゃー!見損ねたばーい!という方はこちらをご覧下さい!
▽まちの湯めぐりアーカイブ▽
https://www.kab.co.jp/kumapawa/backnumber/program_category/yumeguri/

今回は「まちの湯めぐり」でご紹介頂いた、この冬皆様に入って欲しい温泉・食べて欲しいスイーツやグルメを総復習!

これを読めば1日で南小国が満喫できること間違いなし!!是非ともご一読下さい!

■かじちゃん御用達?!林檎の樹


1軒目にやってきたのは、南小国町で知らない人はいない、町の中心部にある「林檎の樹」!
熊本市内の新市街にも姉妹店がありますが、こちらが本店です!


小国杉を使っている広々としたおしゃれな店内!1階席と2階席、そしてテラス席もありますよー!

こちらでご紹介させて頂いたのは、林檎の樹の看板メニュー!

■あっぷるパイ(¥400) ※HOTにする場合+50円
生地から手作り。林檎の調理には三温糖を使用している為甘さ控えめで、林檎本来の味が楽しめます。また、苦手な方が多いシナモンも使っていないので、とっても食べやすい!


樫山さんも早速パクリ。


「おいしーーーーーーーい!!!」のお顔、いただきました\(^^)/

皆様も幸せ顔になること間違いなし!!


最後はスタッフさんとパシャリ!

ランチタイムにデザートは別腹方式で食べてもよし、ティータイムで休憩がてら来て食べてもよし、特に女子の心が踊るメニューがたくさんの林檎の樹に是非お越し下さい!

▽店舗の詳細はこちら▽

【基本情報】
住所:阿蘇郡南小国町赤馬場137
電話番号:0967-42-0785
営業時間:10:00~18:00(土日は19:00まで)
定休日:火曜日
【公式HP】http://www.ringonoki.co.jp/ringonoki/

■日本名湯百選に選ばれた!いこい旅館


黒川温泉街の下川端通りを進んでいくと、その堂々たる佇まいに目を奪われる老舗旅館。
旅館に入るまでにも、お客様をおもてなしする心遣いがいっぱい。


黒川ではなかなか見かけない足湯!
がっつり温泉には入られないけど、温泉気分は味わいたい!そんな方は是非足湯に浸かってあたたまって下さい。


1個50円!なんともお財布に優しい価格。お持ち帰り用にビニール袋や、卵との相性抜群なお塩まで置いてありました。


囲炉裏を囲んで温泉卵を食べるもよし、湯上りにちょこっと休憩してもよし。どこをとっても気遣いや心配りが本当に素敵ですね。


いこい旅館には黒川温泉の中で唯一「日本名湯百選」にも選ばれた混浴露天風呂の「滝の湯」や「美人湯」など13種類もの温泉があり、ひとつの旅館の中で湯めぐりができちゃうんです。


今回はこちらで、本日の湯、いただきます!

大変恐縮ながら、私も温泉に入らせて頂いたので、入っている時の写真はありませんが…
写真を見てなんとなくお分かりの方もいらっしゃるかと思います!ぶら下がっている棒があると…!

そうなんです。お察しの通り、こちらは水深が約1.5mある為、立ったまま入る温泉なんです!!
温泉の詳しい泉質や効能のお話は、是非温泉ソムリエの樫山さんのリポートを下記よりご覧下さい!
▽まちの湯めぐりアーカイブ▽
https://www.kab.co.jp/kumapawa/backnumber/program_category/yumeguri/

撮影日は気温が一桁台と非常に厳しい寒さでしたが、全身丸ごとすっぽりとお湯に浸かることができるので、体がぽっかぽかになり、温泉に入った後はいつもへこたれているお肌にハリがある気がしました!!

寒い冬だからこそ!温泉に入って体の芯からあたたまりましょう♡

【基本情報】
住所:阿蘇郡南小国町満願寺6548
電話番号:0967-44-0552
立寄り湯受入時間:8:30~21:00
料金:大人500円/子供300円(入湯手形の利用も可能)
【公式HP】http://www.ikoi-ryokan.com

■思いやりが溢れる!自然食レストラン 風のもり


温泉に入り、すっかりお腹ペコペコの我々がやってきたのは、野菜好きの人で知らない人はいない農家がつくったレストラン「自然食レストラン 風のもり」


オーバーオールがこんなにしっくりくるお店もここだけ!


「風のもり」でお出迎えしてくれるのはオーナーの梅木さんとメガネがいつもお似合いのスタッフさん。いつ行ってもニコニコ、お会いするとほんわかした気持ちになります(*^^*)

ここでは自家栽培で農薬不使用のお野菜を中心に、小国郷で採れた新鮮で旬な野菜を使い、こころにもからだにも優しい食事が食べられるんです!

今回ご紹介させて頂いたのはこちら!

■農園野菜のトマトソース煮込み(¥930)
自家製のハーブソルトでこんがり焼いたチキンを、冬に旬の根菜を中心としたお野菜とオスカーという品種の味の濃いトマトで煮込んだうまみがギュッと詰まった一品。
そして!この冬限定で、このトマトソース煮込みにチーズのトッピングが可能!ご希望の際は注文時にスタッフの方にお伝え下さい。

他にもご紹介されたのが

■風のもりランチ(¥1,545)
こちらもその時期に旬のお野菜を使うため、季節が変わると中身にもちょっぴり変化が♪リピーター続出の大満足ランチ!

そして!お子様に絶大な人気を誇る

■スノーマンランチ(¥900)
冬季は可愛いスノーマン!(他の季節は子うさぎです!)中学生以下のお子様限定のランチ!樫山さんもその可愛さに思わずニンマリ♡

どのメニューにも、ひとつずつこだわりと想いがあります。
一人でも多く笑顔になって、ここにいる時は日常の喧騒を忘れてのんびりと時間を過ごしてほしいという梅木さんの気持ちがいっぱい詰まっているおいしい食事。


何を食べても、どれも美味しくて、思わずこんな顔になっちゃいます(*^^*)笑


是非皆様もおいしい食事と癒しの時間を体感されて下さい♡

▽店舗の詳しい記事はこちら▽

【基本情報】
住所:阿蘇郡南小国町満願寺312
電話番号:0967-42-1553
営業時間:午前10時~午後5時
定休日:火曜日
【公式HP】
http://applemint.farm/index.html

■おわりに

この冬おすすめしたい温泉からスイーツ、グルメまで、南小国町のいいとこ取りでご紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?!

寒くなると動くのが億劫になってしまいがちですが、そんな時こそお出かけして、冬だからこそ楽しめるコトをしましょう\(^^)/

また、放送でもお伝えしましたが、12月22日より「湯あかり」も開催されます!都会のイルミネーションとはまた少し違った、里山ならではのあたたかな竹の灯りを楽しみにお越し下さい。

なお、フォトコンテストも開催されますので、ふるってご参加下さいね!

最後に、今回の撮影の裏側をちょっとだけ…
カメラマンさんのテクニック、どれも盗みたかったのですがそんなレベルにはまだまだ達していませんでした。。

真剣な眼差しのディレクターさんと音声さん。素人の私がテンパるのを優しくフォローして下さりました!笑

そして何より!樫山さんには自分の本当のお姉さんかのようにたくさん頼らせて頂いて、南小国町のいいところをいっぱい紹介して頂き、本当に感謝の気持ちでいっぱいです!!!

今回、樫山さんと素敵なスタッフさんたちに囲まれて丸一日ロケに参加させて頂いて、スタッフの皆様がより南小国町の魅力を分かりやすく視聴者の方にお伝えしようと奮闘されている姿を目の当たりにし、私も記事を通してより多くの方々に南小国町に興味を持ってもらうキッカケ作りを頑張らなければ!!!と改めて思いました。

これからもSMO南小国で南小国町の旬な情報をお伝えしてまいりますので、是非ともご覧下さい。
今後ともよろしくお願いします!

★ Special Thanks ★
▷ 樫山結さん

【Twitter】
@kashiyama_yui
【Instagram】
@yuikashiyama

▷ くまパワさん

【Twitter】
@kabgenki
【Facebook】
@くまパワ/くまパワ+

かじちゃん

かじちゃん 生まれも育ちも南小国。26歳で人生最大の体重に達した自称ぽっちゃり系女子。福岡で8年間生活したのち、南小国町に帰ってきました。好きなものはもちろん高カロリーな食べ物と焼酎。南小国町のスペシャリスト兼アイドルになれるよう日々奮闘中・・・

  • 99
  • 34

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

かじちゃん

かじちゃん 生まれも育ちも南小国。26歳で人生最大の体重に達した自称ぽっちゃり系女子。福岡で8年間生活したのち、南小国町に帰ってきました。好きなものはもちろん高カロリーな食べ物と焼酎。南小国町のスペシャリスト兼アイドルになれるよう日々奮闘中・・・

  • 99
  • 34