SMO南小国

温泉  

ちょっぴり刺激が欲しい方必見!!阿蘇・小国郷で見つけたナニコレ?!珍温泉のご紹介(※随時更新中)

こんにちは!かじちゃんです!

1月に入ると本格的に寒くなってまいりました・・・暖冬と言われておりますが、南小国町では朝晩の気温がマイナスになることがほとんど。。

私が最近気付いた一番手っ取り早く温まる方法、それはあたたかいお湯に浸かる
非常にシンプルですが、やっぱりこれが一番です。(笑)

南小国町とお隣の小国町をあわせた“小国郷”には、細かく分けると13箇所もの温泉地があり、24時間いつでもどこかで温まることができます。

今回は、そんな温泉の中でも「普通の温泉じゃちょっと物足りない・・・」そんな刺激を求めているアナタに是非読んで欲しい!!

小国郷のナニコレ?!珍温泉をご紹介致します\(^^)/

そして今回・・・わたくし自称ぽっちゃり系のかじちゃんと、もう一人のキュレーターみかりんが、実際に温泉へ入ってまいりました!実物を見て感じた“珍レベル”もつけておりますので、よければ参考にしてください!

■旅館はなむら(珍レベル:★☆☆)

南小国町の中でも、里山の風景がより色濃く残っている小田温泉エリア。

その中にある「旅館はなむら」は、約4000坪の広大な敷地の中に堂々と佇み、全16客室のすべてにお風呂付きというとっても素敵なお宿。

フロントで受付をして、お庭の横の通路を歩いていると・・・

お目当の温泉の案内板が。

洞窟・・・?!そうです!!この旅館にある珍温泉はこちら!

洞窟風呂!!!!!なんとも幻想的な雰囲気。うっすらと蒸気に覆われあたたかい。
風が抜けていく造りになっているので、のんびりできるサウナのような、そんな感じです!

また、洞窟内は広々としており閉所感はほとんど感じません!人が立っても頭があたる心配は無用なくらい天井も高いです!

数ある洞窟風呂の中でも、ここまで広い洞窟はなかなかありません!

そして、洞窟の奥には外へと抜けられる穴が空いており、そこを抜けていくと、ここには屋根付きの温泉が!

満足したら、こんな感じでくぐって、また洞窟内へ。なんだかワクワクしますね。

ちなみに、洞窟風呂は温度をすこしぬるめに設定されているそうなので、まだまだぬくもりたいな〜という方は、洞窟風呂を出てすぐ目の前に大浴場もありますよー!

開放感を感じながら、のんびり温泉に浸かってください♪

こちらの温泉の特徴は“メタケイ酸”という美肌・保湿効果が高いと言われている成分の数値が非常に高く、通常温泉1kgの中に100mg以上含まれていれば十分とされているものが、その3倍の300mg以上含まれています!!

お風呂上がりにボディクリームを塗らなくても、お肌がしっとり\(^^)/♡
そして、硫黄の香りがほとんどしないので、温泉は好きだけど硫黄の香りがちょっぴり苦手…という方にもおすすめ!

洞窟プラスαで、温泉の効果にも期待して、洞窟探検をお楽しみください!

▽小田温泉の立ち寄り湯情報はこちら▽

【基本情報】四季の里 旅館はなむら
住所:阿蘇郡南小国町満願寺5850
電話番号:0967−44−0088
営業時間:午前11時30分〜午後9時
立寄料金:500円
定休日:要確認
【公式HP】http://www.ota-hanamura.com

■旅館湯之迫(珍レベル:★★☆)

黒川温泉のお隣にある温泉地、田の原温泉エリア。

鎌倉時代に開湯し江戸時代は湯治場として栄え、現在は4軒の旅館があります。小さな温泉街ですが、昔懐かしい雰囲気が色濃く残っています。

そして夏には田の原川沿いにたくさんのホタルが舞い、ツアーが行われるほど人気なんです!

そんな田の原温泉エリアの入口に位置するのが「旅館湯乃迫

ここで入られる珍温泉がこちら!

この形、どこかで見たことありませんか?・・・そうです!これ、土俵の形をしているんです!

その名も「どすこい風呂」!

旅館のご主人がテレビで相撲の試合を見ていて“コレだ!!!”とひらめいて作ったんだとか!

どすこい風呂と聞くと、つい張り手っぽいことをしてみたり

手刀の所作を真似してみたりと

色々やりたくなってしまいますね!これだけでもすごく楽しい!!
楽しいだけではなく、源泉掛け流しなので新鮮なお湯を思う存分味わうこともできます♡

ちなみに、温泉に入る順番を示す札も軍配!!!これはご主人の手作り!

脱衣所には番付もありました!色々と手が込んでますね〜。

ちなみに、湯之迫ではもう一つ人気のお風呂が・・・

一本の大きな松で作った「一本松くりぬき風呂」!
ご主人がチェーンソーを使って作ったハンドメイド風呂!器用なご主人!

どちらのお風呂もインパクトが強く、これまでもTVや雑誌の取材が殺到するほど大人気!実際に入ってみると、やっぱりテンション上がりますね〜!

この2つの温泉は旅館に宿泊された方のみご利用頂けますので、是非ともお泊まりでお越し下さい♪

【基本情報】旅館湯之迫
住所:阿蘇郡南小国町満願寺7152−2
電話番号:0967−44−0231
定休日:要確認
【公式HP】http://www.yunosako.com

■こうの湯(珍レベル:★★☆)

じゃらん九州版「もう一度行ってみたい温泉地ランキング2019」にて一位を獲得し、今や温泉好きで知らない人はいないであろう黒川温泉。

(※3月31日まで黒川温泉街を中心に「湯あかり」を開催中!)

「黒川温泉一旅館」を掲げ、各旅館がお部屋、道は廊下、温泉街全体でひとつの旅館というコンセプト通り、統一感のある街並みと、昔懐かしい雰囲気の温泉街。初めて訪れた人でも“おかえりなさい”と言ってもらっているような、優しい感じがします。

黒川温泉といえば、自分の好きな旅館3箇所の露天風呂を巡ることができる「入湯手形」が非常に有名ですが、その手形を利用して入ることができる珍温泉があるんです。

黒川温泉街から徒歩5分もかからない場所に位置する「旅館こうの湯」。

旅館の外にはどなたでも利用可能な足湯もあります!

露天風呂はとっても広々としており、木々に囲まれ、癒し度MAX!!

一体ここの何が珍温泉なのかというと・・・こちら!!!

一見、見晴らしの良い温泉に、一本の棒があるようにしか見えませんが・・・

身長150センチのかじちゃんが入ってみると

この状態、座ったりしていませんよ!直立でこの深さです。

そろりそろり、奥へと進んでいくと・・・

消えました。

ここの温泉は水深160センチ!!!!!深さが日本一なんです!!!!!!!
※通常男性専用ですが、今回は深さをお伝えするために特別に入浴させて頂きました。

女性用は水深130センチとなっておりますので、ご安心ください。

泉質は弱アルカリ性単純温泉。低刺激のマイルド湯なので、敏感肌の方にもやさしい温泉ですよー!
寒い冬こそ全身すっぽり温泉に浸かり、しっかり温まってくださいね\(^^)/

【基本情報】こうの湯
住所:阿蘇郡南小国町満願寺6784
電話番号:0967−48−8700
立寄湯受入時間:午前8:30〜午後9:00
料金:600円
定休日:要確認
【公式HP】http://www.kounoyu.jp

■純和風旅館泉屋(珍レベル:★★★)

南小国町のお隣、小国町にある杖立温泉エリア。

このエリアは源泉の温度が98度と非常に高く、至る所からもくもくと蒸気が立ちのぼり、THE温泉街といった情緒あふれる街並みが特徴的。

毎年行われているたくさんの鯉のぼりが杖立川の上を泳ぐ“鯉のぼり祭り”はご存知の方も多いかと思います。

そんな杖立温泉街の中心に佇む創業140年の歴史を誇る「純和風旅館泉屋

今回はいくつかあるお風呂の中でも、人気の「石庭風呂」へ!
温泉の扉をあけてびっくり!そびえ立つ巨大な石と大きな浴槽。この広々とした空間には度肝を抜かれました。

塩泉のため湯ざわりがやさしく湯冷めしにくく、また先程ご紹介した“メタケイ酸”も260mg含んでいるので、美容効果も期待大!

そして温泉で髪を洗うと軋むイメージが強いかと思いますが、こちらの温泉で髪を洗うと髪がしっとりして、軋まないんです!!!

さて、そんな素敵な泉屋さんの珍温泉は何かと言うと、こちら!

ん?これだけだと、何が「珍」なのかわかりませんね。

この写真だといかがでしょう。

かじちゃんの生首?!・・・違います。これは座って入る「むし湯」なんです!こんなむし湯、見たことありますか?!

ちょっぴりシュールな写真になってしまいましたが、顔が出ているのでなんだか安心。呼吸もしやすく、のんびり入っていられます。

中はこんな感じで、自分の身長に合わせて、椅子の種類や高さを変えられますよー。

源泉の温度が高い杖立温泉ならでは!この木箱の下を源泉が流れており、その蒸気で木箱の中はぽっかぽか!サウナとは違い汗が残らないので、むし湯から出た後はお肌がすべすべ!!
いつも覇気のないへこたれた私の肌が、むし湯から上がった後は若々しくサラサラでびっくりしました♡

嬉しい効果はまだまだあります。鼻炎・鼻づまりの方は鼻から、咽喉痛や咳が止まらない方は口から蒸気を吸うと、蒸気が気管支に良いため、症状が良くなる効果が期待できるそうです♪いいことづくめですね!!

泉屋さんでは顔出しタイプのむし湯が人気ですが、杖立温泉エリアにある各旅館にはすべてむし湯があり、どこでもお楽しみいただけますので、是非自分の好きな「むし湯」を見つけてみてください\(^^)/

ちなみに・・・旅館の目の前に蒸し場も!

そこから10歩程のところに、蒸し料理におすすめの卵や野菜のセットが入っているロッカーがありました!

温泉に入って小腹が空いたら、ここで蒸し料理を楽しんでもいいかもしれませんね!
むし湯も蒸し料理も!どちらも是非お楽しみください!

【基本情報】
純和風旅館 泉屋
住所:阿蘇郡小国町下城4179
電話番号:0967−48−0021
立寄湯受付時間:午前9時〜午後8時
料金:大人500円/子供300円
定休日:要確認
※顔出しタイプのむし湯がある「石庭風呂」は、男女が日替わりとなります。
(女性→奇数日/男性→偶数日)
【公式HP】https://izumiyaryokan.co.jp

■満願寺温泉 川湯(珍レベル:★★★)

南小国町の満願寺(まんがんじ)エリアの入口付近にあり、TVや雑誌でも非常に多く取り上げられており全国的な人気を誇る「川湯」!

読んで字のごとく、川の中にある「湯」です!

もはや川と言っても過言ではないです。目の前の道路は普通に車が通過します。。

温泉に入った時の目線はこんな感じ。

歩いている人とは目が合う距離感。なんとも刺激的!!!

ちなみに、野菜や食器の洗い場は人が入る温泉の真横にあるので、ここには入らないようにお気をつけて!

そして、入浴時には必ず料金箱に200円入れてくださいね〜!

今回、色んな人にモデルを頼みましたが断られたので、わたくしかじちゃんが、意を決して入ってきました。

手を伸ばせば川まで届きそうな距離感。ほんとに川と近いです!

温度は40度ちょっとくらいなので熱すぎず、ぬるすぎず、ちょうど良い。ついつい長湯してしまいたくなる温度でした。

そして調子に乗って長湯したので、すこしのぼせました。

生まれも育ちも南小国の私ですが、この歳で初めて(今まで避け続けてきた)川湯に入ってみて、この開放感は意外とやみつきになるかも、と密かに思っております。

ちなみに、地元の方々が竹を編んで作った鞠灯篭が美しい「湯あかり」も期間限定で開催中です!この時期だけの幻想的な川湯に、是非とも勇気を持って!入りに来てください!

なお、泉質は単純温泉!日本に最も多く湧く泉質で、刺激が少なく万人にやさしいお湯なので、是非ご堪能ください♡

▽川湯の詳細はこちら▽

【基本情報】
満願寺温泉 川湯
住所:阿蘇郡南小国町満願寺
電話番号:0967−42−1444(南小国町観光協会)
立寄り湯受付:24時間
立寄料金:200円
定休日:河川の増水時は利用不可

今後も珍温泉を発見し次第、随時更新していきますのでお楽しみに\(^^)/♡

かじちゃん

かじちゃん 生まれも育ちも南小国。26歳で人生最大の体重に達した自称ぽっちゃり系女子。福岡で8年間生活したのち、南小国町に帰ってきました。好きなものはもちろん高カロリーな食べ物と焼酎。南小国町のスペシャリスト兼アイドルになれるよう日々奮闘中・・・

  • 50
  • 24

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

かじちゃん

かじちゃん 生まれも育ちも南小国。26歳で人生最大の体重に達した自称ぽっちゃり系女子。福岡で8年間生活したのち、南小国町に帰ってきました。好きなものはもちろん高カロリーな食べ物と焼酎。南小国町のスペシャリスト兼アイドルになれるよう日々奮闘中・・・

  • 50
  • 24